2019年01月02日

SIGINT? ESM?



今回は詳しく知ってる方がいらしたら逆にお教え頂きたいなと思いながら書いています。

L3 linkabitから出ている歩兵向けのSIGINTモジュールがセットになった物を背負った陸軍の兵士の画像をTwitterでアップしてらっしゃる方がいらして興味を持ちました。
そのポストに添付されていたURLです。
https://www.c4isrnet.com/dod/army/2018/10/22/how-the-army-is-improving-tactical-cyber-operations/
記事の内容は旅団規模の部隊の中でEWをどうやっていくか、みたいな感じです。抽象的で僕はイマイチ理解できませんでした。

背負っているモジュールはPRD-13(v)3という方向探知(DF)アンテナとレシーバー、バックパック、表示用のデバイスがセットになった物です。


アンテナ(MA-445C)、レシーバー(MD-407A)とバッテリーを合わせて、少なくともシステム全体で16kg以上の重量が有るようです。

周波数のカバレッジは2-3000MHzとかなり広く、また方向探知の精度はカタログスペックで3°-9°となっています。

SIGINTと言うよりもESM用途向けな気がします。
方向探知はこのように表示されるそうです。



分隊規模で運用するのか小隊規模で運用するのか知りませんが、2〜3名このセットの操作員が居ればそこそこ正確な電波発信源の位置が掴めそうですね。

また2-3000MHzのカバレッジが有れば無線での音声通信からデータリンク、携帯電話の発信まで探知出来ますから、かなり多くの用途に使えそうです。
これより旧式の物はやはりアンテナもレシーバーも大きさ重量共に1人で運用出来そうな物では無かったので画期的な進歩なのでしょうか。



また、これと似た組み合わせ&用途のものとしてMongoose Cooperative Digital Direction Finding Systemが有ります。


こちらはかなり用途が絞られ、30-512MHzのデジタル&アナログ無線通信(周波数ホッピング含む)のみを探知出来るようです。


こっちはかなりよく見かけますよね。
方向探知の精度も2°刻みなので素晴らしいです。

面白いですね。色々な機器が有って。

Electronic Warfareは専ら空や海の領分かと思っていましたが、CYBERという括りで陸上部隊でもどんどん試行錯誤が進んで、個人で持ち運べるESMモジュールを作ってしまうアメリカ合衆国という国は本当に凄いなと改めて思いました。
これらの機器がどのように運用されているのか、詳しくご存知の方いらっしゃいましたら是非お教え下さい。  

Posted by 一飛曹 at 20:27Comments(0)OTHER

2016年08月11日

MSA TC2000



MSAのTC2000のタンカラーMサイズです。

購入したのは1年ほど前、ヤフオクに2万円ほどで出てました。
それよりも以前に、AWSのストラップとANVISマウントのセットが13000円で購入出来たので、↓こんな風に使いたくて手に入れました。





被ると頭が痒くなるくらいインナーパッドが汚れていたのとサイズが分厚過ぎたので、WARRIORSさんとこで購入したオレゴンエアロの1/2サイズのパッドに替えてあります。



最近のヘルメットのように内側から繊維が見えるような加工にはなっておらず、少し残念……
防弾性能は一応TYPE ⅢAくらい有るんですかね?

実際使ってみると意外に軽くて快適でした。





今日も暑い1日でしたね。
8/15にROCK254へお邪魔するので、暑さもそろそろピークを過ぎて涼しくなって欲しいものです。




普段入れないプラント地区に行って撮影出来るみたいで、どういう写真を撮ろうか色々考えてはみるものの…なかなか良い背景を活かせそうなアイデアが浮かびません…
薄暮くらいの時間帯なら先日購入したG&P製の15レプを使って色々撮りたい構図は有るのですが(;´Д`A

さて置き、当日ご一緒する皆さま、どうかよろしくお願いしますm(_ _)m
  

Posted by 一飛曹 at 19:04Comments(0)HELMETPrarescue JumperOTHER

2016年08月04日

ROCK254 7/17



7/17(日)にお邪魔したROCK254の定例会について、今さらながら記事を書きました……

道中雨模様で天気がもつか心配だったんですが、1日ギリギリもって楽しく遊べました。




キルハウスの中って何故だかみんなあんまり入りたがらないですよね。入り組んだ構造では無いので分かりやすくて面白いです。



身の危険を感じる暑さ………数ゲームで装備をパージ



この日は一緒にお邪魔したモチさんやハニュウ君、シップル君、ナベさん方とナウい空軍がいっぱい集まりました。




皆さん格好がキマってるところに、良い背景が相まって素晴らしく画になりますね。
装備着るだけですらしんどい暑さの中、ナベさんが動き回って良いアングルで撮影して下さいました!



イリーガルさんはじめ、ハニュウ君のお友達ともご一緒できました。猛暑の中ほぼ全ゲームに参加なさってましたね(;´Д`A

今度もまた近いうちお邪魔する予定ですが、その時は暑さ対策を考えないと……
今月のコンマガに涼しい装備が特集されてましたが、屋外だとハーパンは厳しそうだったり結局長物持たないと弾が届かなかったりであんなに軽くは行けなさそう…

いっそコープエンジェルの33PJみたいにトレーニングってことにしてしまえば良いんでしょうか。


これから先まだまだ暑くなりそうです。快適に1日遊ぶための方策募集してますm(_ _)m!  

Posted by 一飛曹 at 21:49Comments(0)Prarescue JumperOTHER

2016年06月05日

サンダースCCT・航空支援部門パッチ




今回はパッチ製作の諸々について書こうと思います。


「ガルパン」という単語、皆さん一度は耳にしたことが有るのでは無いでしょうか?
2012年10月より深夜帯に放送されたアニメでざっくり内容を説明すると…女子高生が母校所有の戦車に乗って戦車戦の全国大会に出場する、さながらフューリーのような雰囲気の作品です。
これの劇場版が昨年末公開されまして、激アツなストーリーにハマって何度も観に行くほど面白い出来でした。



これの劇中、サンダース大のC5が廃校間際の学園艦から戦車を一時的に救い出してくれる場面に感動しまして、どうにかこのサンダース大付属高校の航空部門関連で空軍装備に合うデザインのパッチが作れないものかとPJやってる友人とデザイン案を出し合いました。


このような形で、まずは手書きでざっくりとデザインを考えました。
劇中のC5が所属するAIR LIFT DIVISIONをそのまま使うのもちょっと…ということであくまで主役の戦車=地上戦力に対して航空支援を行う部門も有って欲しいという願いから、AIR SUPPORT DIVISIONと記載しました。
また、それぞれの部門は…どちらにしようか迷いましたが…アメリカ空軍で云うSQレベルではなくWINGに相当するものとして丸型ではなく盾型にしてあります。
デザインの大元はサンダース大付属高校の校章なので、星と稲妻をどう猛禽類と組み合わせようか悩みましたが、星を背景に猛禽に稲妻を掴ませるというところに落ち着きました。

またCCTの方はスピンオフ作品の「リボンの武者」に登場するためほぼ公式で存在が確定しているようです。本家のデザイン中央に丁度稲妻が有ったため、ほとんど弄らずそこに星と稲妻を配置という具合にすんなり決まりました。





手書きの物をまた別の、職場の友人にデータ化してもらいこれを業者さんに送付して校正を頼みました。データ化してくれた友人には感謝してもし足りないです。
この際に

・枠の仕上げ方法
・土台生地の色
・糸の色
・枠糸の色

等々細かい注文を行います。
業者さんはそれを元に出来上がりのイメージを作成してくれます。




デザインの細部の変更などには別途料金がかかってしまうことも有りますので、ほぼ弄らずにパッチ化できるくらいブラッシュアップしてから送付すると吉です。(もちろん手書きのイラストを送っても校正してパッチを作ってもらえます!)
この段で一番気を遣いました。自分の意図する仕上がりにしてもらうために、参考にしたパッチの画像やデザインを送付したり、縫い方(縫い潰しor土台生地をある程度見せる)や糸の色味等々………

再度修正されたイメージと見積もりが送られて来るので、確認して支払い終わるといよいよ業者さんはパッチ作成に入ります。ここから2週間ほど出来上がりを待って手元に届くといった段取りです。



仕上がりは届いてみないと分からないため不安で仕方有りませんでしたが、サイズも色味も縫いも申し分ない出来で感動しました。

今回お世話になったのはカメオカさん( http://www.yu-kameoka.com/wappen/ )です。
ここの非常に良いところは一桁代の数量からパッチ製作をお願いできるところです。だいたいのパッチ屋さんはオリジナルのデザインを作ろうとすると20〜30枚からしか受け付けてくれないので…
また型を保管してくれますので、後々の追加の発注ももちろん応じてくれます。

今回作ったパッチはベルクロ付きなので
一枚1070円

型代が
AIR SUPPORT DIVISION 10800円
SAUNDERS CCT 7560円

でした。格安です…
こんな値段で自分達の好きなパッチをデザイン出来てしまうっていうことに本当に驚きました(;´Д`A

公式のグッズだとどうしても装備にマッチしなかったり、そのパッチだけ浮いてしまったりと…なかなかゲームに使い辛かったりしますよね。どうかこの機会に是非、自分好みのデザインでパッチ製作してみてはいかがでしょうか?  

Posted by 一飛曹 at 09:35Comments(0)OTHER