2016年05月21日

CRYE AVS





2014年8月26日のバグラムでの訓練の様子とのこと。83rd ERQSのPJ&CROおじさん達です。
AVSだらけですね…4軍で使われまくっている大人気のAVS、ウチにもMBAVプレートバックが届いたので記念にレビューを書いてみます。




すみません、いかんせん届いたばかりで…なにも付けておりません…
最初からサイドプレートポーチやらカンガルーのフラップやらMBITRポーチまで何でも付いた優秀なCPCに比べて、ディアゴスティーニ方式で物をコツコツ集めないと完成しないコイツは本当に……思い通りの形態のパーツ揃うまで時間がかかりました…

MK17を使いたいので、コレの正面には最近流行りのTYR(テュール)のトリプル7.62なオープントップをくっ付けました。これからどう盛っていくか考えないと…

サイズはプレートバックがM、ハーネスはSです。身長176cm、最近腹が出て来た僕でぴったりです。
日本人なら大抵ハーネスはSサイズで問題無いと思います。

MBAVプレートバックを探してたのはみんなソッチばっかり使ってるみたいだからです。STDプレートバックとの違いなんて…



コレだけなのに…
左がMBAVプレートバック、右がSTDです。MBAV用に支給されるソフトアーマーをそのまま入れられるらしいですよ。ゲームでしか使わないので…死ぬほどどーでも良い違いですが見た目が変わるので泣く泣く購入しました…



中のポケットはこんな感じで、ストレッチ素材のポケットにESAPIとかその辺を。その下にソフトアーマーを入れることが出来ます。ちなみにウチのには例によってスポンジゴムの板を加工して入れてます。



ディアゴスティーニ方式と書きましたが、ウチに有るパーツについて…


パックのパネルは作りが凝ってて好きです。使い方はイマイチよく分かりませんが…容量が微妙過ぎて…

ウェビングのみのフラップの他にCPCのカンガルーに似た物とNJPCの物に似たポーチ付きの物が有ります。CRYEのマグポのフラップって作りが独特ですよね…

サイドプルマグポはCPCにもくっ付きます。MBITRポーチは細過ぎて148か152のGPSアンテナ無しverくらいしか入りません。サイドプレートポーチも一応有ります…

2バンドカマーバンド、たまに使っているのを見ますね。このショルダーパッドはプレートバッグをハーネス用いず1/2/3バンドカマバンと一緒に使うための物です。

あとはバックパネルとショルダーパッドがそれぞれ2種集めてコンプリートです…もうひと頑張り…六根清浄!!



ハーネスとプレートバックの組み立ては少し面倒です。リリース機構が中途半端なおかげでCPCよりマシです。



CRYE製の証です。カッコイイ☆

購入した価格ですが、MBAVプレートバッグと3バンドカマバンが合わせて35000円くらい
それ以外が75000円くらい
計12万円でここまで揃いました。

どこでも使えるズバ抜けた汎用性のこのAVS、安い出物が有れば是非にゲットして下さい…損はしないと思います。

リリース機構のことはまた追記します…

(5/22追記)
肩のリリースワイヤーはCPCの用にハーネスの中央に繋がるのではなく、1/2/3バンドカマバンに通す仕組みになっています。
また1本なのでリリースの都合上ファステックス側に取り付けることになります。




これが本当に中途半端でして……CPCはリリースするとハーネスの背中がガバッと開いてすぐ脱げるのに対しAVSは…



マニュアルの写真だと1アクションでスルッと脱げるような感じですが…ファステックス外したり、反対側は完全に繋がったままなのでそこそこ脱ぐのに時間がかかります…



昨日タグを載せ忘れたのでここに。
でっかいのが一枚バーンと貼ってあります。


全く今回のタイトルに関係無いんですが、最近コレにハマってます。



今回は展開が激アツでしたね…四八砲ステンディングバイ!


無名ちゃんは前回がジト目ましましで最高でした。


あともう一つ面白くて観てるのが


こっちも今回なかなか凄まじい展開で次が気になります。魔女教とか魔女の匂いとか、またまた謎の単語が出てきて何が何だか。  

Posted by 一飛曹 at 18:43Comments(1)CRYE PRECISIONPrarescue Jumper

2016年05月09日

GWゲーム三昧

皆さんはこの連休、いかがお過ごしでしたか?

晴天が続いたのでイベントやフィールド主催の定例会にいらっしゃった方も多いのではないでしょうか。

今回のGWは3回もゲームに行けたのでもう大満足です。


まず4/30(日)
ヘタレンジャーさん主催のROCK254でのゲーム「ヘタレンジャーと遊ぼう」

当日はピーカンに晴れましたが湿度が低く風もあったので快適でした。






「その他小物類の中に( http://priketsublog.militaryblog.jp/ )」のメイソンさんとCPCの合わせが出来たり。同年代で装備好きな方はとても貴重なのでお会い出来て本当に嬉しかったです!六根清浄!



「迷箸フォース( http://guda.militaryblog.jp/ )」のモチさんと一緒にPJ×ヘリクルーで撮影出来たり。
モチさんのブログはかなり前から拝見していて参考にさせて頂いていたのでこれまたお会い出来て嬉しかったです。(聖グロとサンダースの校章シールありがとうございます、家宝にします)

他にも色んな方とご一緒出来て本当に楽しい1日でした。



お次は5/5(木)のF2プラントさん定例会



「ロシア軍を追い続けて( http://mountain3433.militaryblog.jp/ )」のCRSさんと一緒にお邪魔しました。




早速、新しく設置されていたガンラックで1枚。
5/5、こどもの日ということで小さな子たちが元気いっぱいに走り回る活気溢れた定例会でした。
そんな子らと一緒にスタスタ前線に出るCRSさんの後にくっ付いて行くのがやっとの体たらく…
F2プラントさんは障害物の配置が絶妙で純粋にゲームが楽しいのがホント素晴らしいです。



エメラルドのアーマー着させて貰えたり、露のことで質問したかったこと全部聞けたり楽しい1日でした。


最後は5/7(土)のROCK254さんとこの定例会。

「ネガティブ'sブログ( http://derum727.militaryblog.jp/ )」のネガティブさんや「Fortunate son( http://fortunateson.militaryblog.jp )」のながせさんはじめ会社の同僚と一緒にお邪魔しました。



死ぬほど暑くて、始めアーマー着ないでゲームに参加するも…お2人からの罵倒に耐えかねて途中からアーマー着けてゲームへ…
2人とも暑さで完全に頭がヤられて正常な判断が出来なかったのか、滝のように汗をかきながら結局一日中アーマー着てゲームしてらっしゃいました…




トップにも載せましたがネガティブさんとCRYEのサンドとGACK、416の合わせが出来てもう大満足。
後半バラクラバ無しでゲームしてみましたがやっぱり被弾がめちゃくちゃ怖いですね…対策考えないと…

ゲームの後は温泉へ。最高の締め括りでした。


私事ですがここのところ仕事が忙しく、ずっとゲームに行けてなかった鬱憤をGWで晴らすことが出来たのは本当に良かったです。


今回はこんなもんで。長文失礼致しました。  

Posted by 一飛曹 at 22:37Comments(0)CRYE PRECISIONEVENTPrarescue Jumper

2016年03月10日

ROCK254!!!

半年ぶりくらいの更新です……お久しぶりです

忙しさを大義名分に更新をサボり続けて気が付けば年も明けて…3月ですね



先日ROCK254(http://rock254.com)という埼玉県のフィールドにお邪魔して写真をバシャバシャ撮って来ました。ゲームはもちろんですが、装備着て撮影するにはこの上ないロケーションでした…!




こんな工場ぽいとこでも撮影できます(この場所でゲームは出来ないそうです)



採石場なのでとにかく広かったです。今もすぐそばの区域で採石は続いていてトラックがひっきりなしに行き来していました。



運が良いと50トンのダンプの側で撮影できます。

新しいフィールドなので中身もどんどん改装されていてめちゃくちゃ面白い場所になりそうです…!

この日は新しく手に入れたCRYE PrecisionのCOMBAT AC のサンドの上下をどうしても着たくて持って行きました。


ホント好きですこの色…マルチと同じくらい好きです……
いつも着てるFRとは着心地が段違いでした。ナイロン:コットン 50:50は素晴らしいですねホントに。

あとこの日は自分達で撮ったものとは別の、プロのカメラマンの方が撮って下さった写真がフィールドのHPに掲載して頂いてるようで、物凄く嬉しいです。



こんなんとか…



当日の集合写真です。
また行きたい!!!



光る物のこと書くつってましたがそれはまた…そのうち!

この更新までの間に買った物のことでも次は書きます。  

Posted by 一飛曹 at 19:46Comments(0)CRYE PRECISIONEVENTPrarescue Jumper

2015年08月22日

CRYE CPC



今回はCRYE Precision CAGE Plate Carrier (CPC)について〜

トップの画像は北九州のインドアフィールド( http://virtualrisk.web.fc2.com/index.html )に以前お邪魔した時の物
コンマガの装備特集の記事の写真がカッコ良くて、シャッター前で撮ってみたくなりまして…
このフィールドですが、今週末で他の場所に移転となるようで非常に残念です。




さて、本題のCPCです。上の画像のPJを見て以来CPCが気になって仕方なくなり、ebayにて2年ほど前に$850で購入しました。



プレキャリは小さく着た方が格好付くだろうと思いSサイズ。細身で身長177cmのボクにはぴったりです。
程よくかっちりした作りの割にとても軽量で、ほぼ毎回のゲームに持って行くお気に入りのプレキャリです。



CPCはハーネスとフロント、リア2つのプレートバッグで構成されています。




フロントのプレートバッグにはメモや小型の端末、ペン、などが入るサイズのポケットと5.56mmの30rdマガジンが3本入るカンガルーポケットが、ハーネス部にはサイドプレート用のポケットやMBITRポケット、StKSS用のスリットが有ります。また内側にはインナーパッドが貼り付けられており、蒸れを防ぐとともに体へ上手いことフィットするよう工夫されてます。

肩の2本のリリースワイヤーを引くとプレートバッグとハーネスが分離します。



それぞれのプレートバッグとサイドプレートのポケットには、CRYE Precision純正のソフトアーマーとSAPI/ESAPI等を挿入することが出来ます。
ちなみに我が家のCPCにはホームセンターで購入した分厚いウレタンマットが入っています…本物は重過ぎるので…(;´Д`A



CRYE製品の証…このメーカーはホント良い物ばっかり作りますね…
ここの出すアーマー類はそのうちコンプリートしたいです…取り敢えずCAGE Armor Charssisを近いうち手に入れたいところで…

まあそれはさておき、今流行りのMARSOCをはじめ、4軍で使用例の有るこのプレキャリ。安い出物があればお一ついかがでしょうか?

うーん…次は…光る物の紹介でも。
  

Posted by 一飛曹 at 20:37Comments(0)CRYE PRECISIONPrarescue Jumper

2015年08月01日

GUN AND GEAR



今日は久々に手元にある装備類を虫干しがてら広げてみました。

先日紹介したTEAM WENDYのバリが加わってヘルメットも4つに…次は何を入れようか…カーボン系行きたいですね。



CPCはいっつもこんなセットアップです。詳細はそのうち。
AVSのセットアップをどうするか結構前から悩んでます。プレートバッグも新しいの欲しい…MBAVが付くやつ。



TSSIのM9はお気に入りアイテムの一つ。背負い易くて薄いので動きが妨げられません。
奥に写ってる416はいつも使ってるテッポーです。スズトモ製のガワに中身はPTW、ハンドガードは官給品を付けています。



写真はこの前撮ったもの…ダミーカートばら撒くと雰囲気出る気がします。あと後ろの板材の色が素晴らしかった。
PEQは残念ながらモノホンじゃないんです!モノホンLA5入るまでこのまま!
ストックはLMTのクレーン、載ってるのはSU230です。こちらもそのうち詳しく…



いくら軽くても4つだと少し重いですね。


次の記事はFAST maritimeの紹介します。多分。

あ、それかSU230について。  

Posted by 一飛曹 at 20:51Comments(2)CRYE PRECISIONHELMETPrarescue Jumper

2015年07月25日

CRYE Airflame HELMET



今回は我が家のヘルメット紹介第一弾(?)

ナウいヘルメットは今現在これしか持っておりません。
OPS-CORE FAST highcut及びFAST maritime
「バリヘル」とか「マリバリ」とか云う流行りのアレです。



あとCRYE PrecisionのAirflame HELMET
デルタな人や最近だとFBIおじさんが被ってるヤツ。



他にはお馴染みMSA TC2000
と、この前紹介したGENTEX HGU-56/Pです。

今回はCRYE PrecisionのAirflame HELMETについてがメインです。
このヘルメット、シェルが2つのパーツから構成されていて重なる部分にスリットが有るのはご存知かと思います。


このスリット、FFの時に正面からの風を後ろに逃がす為のものと聞きました。ホントのとこはどうなのか知りませんが。
FFなんてやらない僕にとってはただの蒸れ防止の通気口にしかなってません…でもこれ被ってる時後ろから風が当たると頭冷えてめっさ気持ちいいです。

シェルが何処製なのか分からないんですよね。コレ。ceradyneとかGENTEXのと様子が違うので…ご存知の方どうか教えて下さいませ。

脱線しますがヨルムンガンドというマンガ(少し前にアニメ化もされましたね…)はご存知でしょうか?
個人的に結構好きな作品です。絵もストーリーも魅力的で。
作中に登場するSEAL team9「ナイトナイン」という架空の部隊の人らがAirflameのサイドレール無しの物を被ってましたよね。



これはこれでカッコいい…レール無しで使ってる本職さんもたまに見ます。

中のパッドは黒い2つがCRYE製、残りはteam wendyの低反発のヤツ。チンストはOPSCORE。

CRYE Precision製だけあって軽量で付け心地はピカイチなヘルメットです。
防弾性能はNIJ StandardsでTYPE ⅢAだそうです。


以上、Airflame HELMETについてはこんなとこで

次はヘルメット紹介の続きか、他のナイロンについてでも。

  

Posted by 一飛曹 at 12:30Comments(2)CRYE PRECISIONHELMET

2015年07月20日

CRYEなナイロン



今回は先日手に入れたCRYE PRECISION製 COMBAT PANT(GEN1)のレビューやら
既に手元にある他のコンバットシャツ、パンツの相違点について少し書こうと思います。(他に写っているヘルメットや416については後日)


コンマガのCRYE特集にチラッと出ているのを見て、欲しさは倍増したものの合うサイズが見つからず終いだったGEN1 COMBAT PANT…
おふかりすhttp://ofkrs.militaryblog.jp/さんからドンピシャサイズの良品を譲って頂きとうとう入手出来ました!

後継の物と作りで大きく違うのは
・ニーパッド周りがストレッチ素材でなく、膝から下は100%のナイロン製


・脚の側面に脚の付け根まで上がるファスナー


膝裏のゴムバンドで膝部の締め付けを調整するようです。

・もう一つの…大も出来ちゃう「社会の窓」


こんなとこでしょうか
特に最後のには驚きました…相当に画期的ですよねコレは。
他にACやG3がナイロン:コットン 50:50のリップストップ生地を使用しているのに対し、このGEN1にはノンリップの生地が用いられてます。これにジッパーやナイロン生地の重さも相まって体感だと後継の物の2倍くらい重いです。

お次はその後継
Army Customとそのまた後継のG3
お空の人用Frame Resistant(CP&CS4FR)のそれぞれの相違について

左からG3 AC FRの順に並べました。

明らかに違うのはG3のトルソーの色、あとFRとその他のマルチカム生地の色落ち具合ですね。

FRだけこのように生地の素材が他と異なり、色落ちし易いです…PJやCCTの画像でも色落ちしたコイツを着てるのをよく見ますよね…お気に入りの物だけに洗うたび白っぽくなっていくのが悲しいです。
トルソー部、ACはほぼコットン製なのに対してFRとG3は難燃素材で出来ています。


コンバットパンツ手前FR、奥AC
FRとACは作りがほぼ同じなのですがストレッチ素材のみCP4FRはマルチカム柄です。よくG3と間違えられますが腰の絞りが無いところで見分けられます。

左からAC G3
この絞りはホントに便利で…
なんでFRとかに付けなかったんでしょう…

G3の面白いところがニーパッドを入れる部分の内側に、ニーパッド不使用時穴を塞ぐフラップがあることです。使ったことはありませんが。

FRコンバットパンツのタグ

素材はCS4FRの袖部と変わりません。

今回はこのくらいで

次は先日参加させて頂いたイベントについてでも
  

Posted by 一飛曹 at 10:14Comments(2)CRYE PRECISION